So-net無料ブログ作成
検索選択

ダンプレのご紹介 [2014フェスティバル]

今回の動物愛護フェスティバルでは札幌国際情報高等学校 吹奏楽部さまに特別参加して頂き『ダンプレ』をご披露して頂く事となりました。


TVなどで話題になり、各地で公演も行われていますのでご存知の方も多いと思いますが、まだご存じでない方もいらっしゃると思いますので、先生にお願いしダンプレの紹介文を作成して頂きました。
札幌国際情報高等学校さまがyutubeにアップされている動画も合わせて掲載いたします。
フェス当日はすばらしい演奏をぜひ見に来てください。





北海道札幌国際情報高等学校 吹奏楽部



ダンプレ:とにかく楽しい!吹奏楽の新しい演奏スタイル


(特長)

•奏者全員が踊りながら演奏する。マーチング・ドリル・座奏で禁じ手とされる上半身の自由な動きをも伴う。曲想に合わせたステップとフォーメーションにより,華麗なダンスをしながら演奏する。

椅子・譜面台を用いない。

•指揮者を置かず,パーカッションとベースギターを中心としたリズムセクションに主導権を持たせ,ダンスミュージックとしての展開を重視する。

•お客様第一主義をモットーとし,目と耳と心で楽しんでいただける公演づくりをする。

•専属MCを置く。曲間の雰囲気づくりなどの演出を大切にする。

•基本的に1公演は30分間(8~9曲)で構成される。これは,野外で,お客様が立ち止まって聞いていただける限度と,ビートルズのライブ時間を参考にしたもの。

•ソロやコーラスなど,プログラムに歌をたくさん取り入れる。


(歴史と発展)

•小出學(現札幌国際情報高等学校教諭)が,池田高校在任中の平成20年(2008年)から,吹奏楽部員達と試行錯誤の中で,独自の演奏スタイルとして編み出したもの。

公演機会を増やす・部員を有名にすることが,その動機であった。当初から野外での公演を想定し,お客様に来ていただくのではなく,お客様がいる場所に出向いて公演することを基本理念とした。

また,ディズニーリゾートのストリートバンド・よさこいソーランなどを参考にした。翌年には,現在のスタイルの原型がかたまった。

その後,公演回数の増加と共に進化を続け,平成25年(2013年)3月,池田高吹奏楽部がリハーサルチェック用にyoutubeにアップした,ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」のダンプレ動画が,モノノフの目に留まり,爆発的なヒットとなった。このことにより,ダンプレは,一気に全国に知られた。

  •当初,この演奏スタイルは「池高スタイル」と呼ばれていたが,ダンスがより高度になり,Dance & Playから「ダンプレ」と略称されるようになった。また,池田高校初期の公演フライヤーには,Singing,Dancing,Playingのコピーが入っている。

•ダンプレを活動に取り入れるバンドも増えてきている。道内では,札幌国際情報高等学校・旭川凌雲高等学校・町立剣淵中学校・札幌市立藤野中学校等が,盛んにライブを重ねている。それぞれは,池田高校から基本を学んだ後,今,独自の発展を開始している。


(平成26年9月)



北海道札幌国際情報高等学校 吹奏楽部公式Webサイト


トラックバック(0) 

当日の酪農学園生協の営業について [2014フェスティバル]

キャプチャ1.JPG


動物愛護フェスティバルinえべつ開催に当たって例年酪農学園生活協同組合さまにご協力頂き、本来であれば休業日なのですが、臨時営業をして頂いております。

今年度もフェスティバル当日の学食・屋外販売の営業をして頂く事になっております。
酪農学園生活協同組合さま、ありがとうございます。

今回今年度の営業予定について、ご連絡いただきましたので、生協からのご案内をこちらにも記載しておきます。

ぜひフェス当日は学食のご利用ください。
美味しいお食事がいっぱいです。



『本日は、フェスティバル参加の皆さんのお食事利用のために、酪農学園生協の食堂が営業しています。
メニューはカレー、どんぶり物、おかず類、麺類と豊富で、大学生が毎日利用する安い価格でご利用できます。

営業時間は11時から午後2時まで。

ペットを連れての食堂利用はできませんのでご了解ください。

食堂の建物(学園ホール)の前には、お弁当、飲み物を販売するテントが出されています。たこ焼き、焼きそば、クレープなどがあります。営業時間は11時から午後3時までとなっております。ご利用ください。』




■食堂営業(日曜特別営業)します。

営業時間  11:00~14:00
メニュー  通常メニュー(米飯、麺類、主菜、副菜、アラカルト)


■屋外営業します。

営業時間 11:00~15:00

営業品目
   ・ペットボトル飲料

   ・弁当各種、おにぎり各種、サンドイッチ  

   ・酪農乳製品(バター・チーズ)    
 
   ・酪農グッズ

   ・たこやき、やきそば(たこ吉)

   ・クレープ               

キャプチャ2.JPG



トラックバック(0) 

「外来種問題普及啓発パネル」の展示 [2014フェスティバル]

外来生物.JPG


現在、全国各地で侵略的外来種による生態系、人の生命・身体、農林水産業等に係るさまざまな被害が生じています。


こうした問題は、人間の活動によって生物が意図的・非意図的に持ち込まれることによって起こっています。



外来種による生 態系等への被害の防止するためには、様々な主体において外来種問題が正しく理解され、それぞれの役割において、相互に連携して取り組んでいくことが重要です。



しかし、平成25年度に環境省が実施した外来種問題の認知度調査においては、「外来種(外来生物)を知っている」と答えた人は60.1%、「外来生物 法を知っている」と答えた人は9.0%と、社会への浸透は十分とは言えない状況です。



こうしたことを 踏まえ、環境省では、外来種問題の主流化(「外来種を取り巻く問題が国、地方自治体、事業者、民間団体、国民等のさまざまな主体に広く認識され、各主体が 社会経済活動の中で必要な外来種対策を実施するようになること」)を進めるための一環として、普及啓発パネルを作成しました。



引用先:  http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18155


今回は環境省北海道地方環境事務所様のご協力を頂き、「外来種問題普及啓発パネル」の展示や、外来種関連のチラシ・リーフレットの配布、外来生物の生体やはくせいの展示等を行って頂く予定です。

この機会に市民の皆様にも外来種問題を知って頂けたらと思います。



<ブース紹介文より>

ブースでは外来生物の生体やはくせいを展示します。見たり、触れたりしながら、あなたの暮らしの身近な外来生物問題について考えてみませんか。



ぜひ足をお運びください。




トラックバック(0) 

人と海鳥とネコの共生を目指して”ノネコ対策を中心としたパネル展” [2014フェスティバル]

天売島.JPG



天売島の猫対策

日本海に浮かぶ周囲約12kmの天売島は、100万羽の海鳥が飛来する世界的にも貴重な海鳥の楽園です。


しかし、天売島では近年、野良ネコ、野ネコが増加し海鳥を捕食するなどの問題が生じており、早急に対策を講じなければ海鳥をはじめとする天売島の生態系に深刻な影響が起こることが懸念されています。


そのため、羽幌町役場と環境省羽幌自然保護官事務所は「人と海鳥とネコの共生」を目指し、天売島のネコ対策を実施していくことにしました。平成23年度には「天売島ネコ飼育条例」を制定し、飼い猫の登録・不妊去勢・屋内飼育の奨励を行ったほか、シンポジウムの実施・馴化試験などの取り組みを行いました。


平成26年度からは200~300頭と推定される野ネコ・野良ネコの捕獲作業を行い、捕獲したネコの馴化作業を行い新たな飼い主探しを随時行っていく活動を進めています。


今回は人と海鳥とネコの共生を目指して”ノネコ対策を中心としたパネル展”と題して羽幌町役場町民課がオロロン鳥保護のために行っている野ネコ対策をパネル展の形でご紹介します。

ぜひ足をお運びください。


トラックバック(0) 

今年度のテーマについて [2014フェスティバル]

テーマ.jpg



我々の暮らす北海道は、豊かな自然環境に恵まれ、多くの野生動物が生息しています。我ら道民は沢山の自然の恵みを享受してまいりました。

しかし、近年の環境の変化や人とのかかわりにより多くの問題が発生しています。



エゾシカによる森林破壊や農業被害、市街地へのヒグマの出没、オロロン鳥などの絶滅の危機など人と野生動物の関係による問題も多数あります。



またアライグマの農業被害などが有名ですが、北海道内に生息する外来生物は、現在その数を拡大させ、人の暮らし、農林水産業、生態系に大きな影響を与えています。

中には我々がペットとして持ち込んだ事が原因の生物もいます。
外来生物の問題とどう取り組んでゆけばよいのか、有効な対策が進まず誰もが悩んでいます。
身近な問題として私たち一人一人が真剣に考えていかないといけませんね。




北海道の豊かな自然を未来の子どもたちに残すためにも、生態系を守るためにも私たちは人と自然、野生動物との関わり方を考えていかないといけません。




今回の「動物愛護フェスティバルinえべつ」では「ともに生きる」をテーマに

■人と海鳥とネコの共生を目指して”ノネコ対策を中心としたパネル展”

■「外来種問題普及啓発パネル」の展示


の2つを企画しています。
環境省北海道地方環境事務所さま、羽幌町役場町民課さまにご協力頂き質問等もお受けできると思います。



いつもの動物愛護フェスティバルとはちょっと題材が違いますが、フェスのこの機会に皆様にこれらの問題を、ふと考えて頂けたらと思います。

詳細はまた次回に


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。